エジプト裁判所、238人に死刑判決


エジプト中部ミニア県の刑事裁判所は、昨年起きた警察署襲撃に関する裁判で、4月に死刑判決を受けた被告のうち183人に対して改めて死刑判決を言い渡しました。

死刑判決を受けた被告の中には、ムルシ前大統領の支持母体「ムスリム同胞団」の最高指導者モハメド・バディア被告も含まれます。

国営通信によりますと、裁判所は4月に死刑判決を受けた683人のうち183人を死刑、4人を終身刑とし、残る496人には無罪を言い渡しました。バディア被告らムスリム同胞団幹部は、他の襲撃事件でも死刑判決を受けています。

 

ご感想

他の情報