エルサレムに大使館移転へ 親米ホンジュラス

(VOVWORLD) -中米ホンジュラスのエルナンデス大統領は20日、ツイッターで、在イスラエル大使館を現在のテルアビブからエルサレムに年内移転する方針を明らかにしました。
エルサレムに大使館移転へ 親米ホンジュラス - ảnh 1       (写真:GPO/TTXVN)

イスラエルのネタニヤフ首相と電話会談したと明らかにし、「相互に大使館を設置することで合意した」と述べました。イスラエルは現在、ホンジュラスに領事館のみを置いています。

エルサレムはイスラエルとパレスチナが帰属を争い、大使館を置いているのは米国とグアテマラの2カ国しかありません。イスラエルはエルサレムを首都と主張しますが、日本を含む国際社会の大半が認めず大使館をテルアビブに置いています。

親米のホンジュラスは19年9月にエルサレムに通商関連の外交事務所を開設し、大使館の移転に前向きな姿勢を示していました。(共同)

ご感想

他の情報