オリンピックまで半年 開催懸念する見方が選手たちに影響も

(VOVWORLD) - 半年後に開幕が迫った東京オリンピックで実施される競技団体にNHKがアンケート調査を行い新型コロナウイルスの選手の強化計画への影響を尋ねたところ実戦や練習の不足のほかに選手のモチベーション低下といった回答が相次ぎました。

この夏の大会開催に世論の賛否が分かれている現状に選手が不安を感じているといった声も上がり、大会開催を懸念する見方が、選手たちに影響を及ぼしている実態も浮き彫りになりました。

東京オリンピックの開幕まで半年になるのを前に、NHKは先月から今月にかけて、東京大会で実施される33の競技団体に代表内定選手や強化指定選手の現状についてアンケート調査を行い、33競技団体すべてと、部門が分かれる競技を加えて合わせて42の強化担当者などから回答を得ました。

選手の強化計画における新型コロナウイルスの影響を複数回答で尋ねたところ、「実戦経験・練習の不足」が最も多く74%に上り、次いで「ライバル選手との比較ができない」が43%と技術面の課題が多くを占め、「選手のモチベーションの低下」も38%に上りました。

さらに、ことしのオリンピック開催に世論の賛否が分かれていることの影響を尋ねたところ、「影響がある」が26%、「影響がない」が19%、「わからない」が55%となりました。

「影響がある」の具体的な理由としては、「開催の可否が不透明で選手に不安を与えている」ことや「オリンピックに期待されていないと感じる」、「オリンピックを目指すことで人目が気になる」といった回答もあり、この夏の大会開催を懸念する見方が広がる現状が選手に精神的な影響を及ぼしている実態が浮き彫りになりました。

選手たちが技術面、精神面ともによりよい状態で大会に臨めるような環境をどのように整備できるのかが、感染対策などの運営面と合わせて残り半年の大きな課題になっています。(NHK)

ご感想

他の情報