カナダ乱射犠牲者18人に 現場16カ所、動機を捜査

(VOVWORLD) -カナダ東部ノバスコシア州で18~19日に起きた乱射事件で、地元警察当局者が20日、記者会見し、犠牲者が2人増えて計18人になったと明らかにしました。

死亡した歯科技工士ガブリエル・ワートマン容疑者(51)の動機を捜査するとともに、事件現場が16カ所に及ぶため、ほかに被害者がいないかどうか調べています。

同当局者によりますと、現場周辺にある5軒の建物で火災が発生しました。容疑者が乱射と前後して放火した疑いがあり、焼け跡にまだ犠牲者がいる可能性があるとしています。

当局者によりますと、容疑者が事件当時乗っていた車は「偽造警察車両」で、着ていた服は「警官の制服か非常に良くできた模造品」でした。周囲から警察と見間違えられたため、長時間にわたり拘束されなかったとの認識を示しました。

最初の乱射事件は州北部ポータピックで18日深夜に発生しました。容疑者はそこから放火や発砲を繰り返したとみられ、19日昼近くに数十キロ離れた州中部エンフィールドで警官隊と銃撃戦になり射殺されました。

ご感想

他の情報