カナダ、対中関係正常化は「目を大きく開き」判断へ=外相

(VOVWORLD) -カナダのガルノー外相は26日、バンクーバーで自宅軟禁状態に置かれていた中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟氏が釈放されたことを受け、中国との関係正常化について「目を大きく開き」判断していくと述べました。
カナダ、対中関係正常化は「目を大きく開き」判断へ=外相 - ảnh 1カナダのガルノー外相(写真:ctvnews.ca)
米検察当局は24日、孟氏と訴追延期合意(DPA)を結び、孟氏に対する刑事訴訟を終わらせると発表しました。これを受け、孟氏は25日、中国に帰国しました。

孟氏が拘束された数日後に中国当局に拘束されたカナダ人の実業家マイケル・スパバ氏と元外交官マイケル・コブリグ氏も解放され、カナダのカルガリーでトルドー首相とガルノー外相に出迎えられました。

ガルノー氏はカナダ放送協会(CBC)に対し、政府は中国について「共存」、「競争」、「協力」、「挑戦」の4本柱のアプローチを取っていると説明。貿易などでは競争し、気候変動対策では協力するが、ウイグル族やチベット人、香港の扱いでは今後も中国に挑むことになると述べました。

ご感想

他の情報