カナダ首相 移民や難民受け入れ 米と一線画す

(NHK)カナダのトルドー首相は建国150年の記念式典で「カナダの最大の誇りは世界中のどこからでも人々を受け入れることだ」と述べ、一部の国からの入国を制限する大統領令が条件付きで執行された隣国アメリカとは一線を画し、移民や難民の受け入れに寛容な姿勢を続ける姿勢を強調しました。

カナダ首相 移民や難民受け入れ 米と一線画す - ảnh 1          (写真:KL)

カナダは1日、1867年の建国から150年となり、首都オタワでは記念の式典が開かれました。

この中で、トルドー首相が演説し、「カナダの真の強さはその多様性にある。最大の誇りは世界中のどこからでも人々を受け入れることだ。出身地や宗教は関係ない」と述べ、移民や難民の受け入れに寛容な姿勢を続ける姿勢を強調しました。

また、来賓として出席したイギリスのチャールズ皇太子も「公平さと多様性の受け入れの手本となる国を祝えることを誇りに思うべきだ。カナダは世界から人権の擁護者として見られている」と述べました。

カナダの隣国アメリカではイスラム教徒が多数を占める中東とアフリカの6か国の人や、難民の入国を制限するトランプ大統領の大統領令が先週から条件付きで始まりました。

一方でカナダはシリア難民などを積極的に受け入れていて、トルドー首相の演説はトランプ政権の移民政策とは一線を画すカナダの姿勢を明確に示す形となりました。

ご感想

他の情報