カブール トラック爆発5人死亡50人以上けが タリバン犯行声明

(VOVWORLD) -アフガニスタンの首都、カブールで2日、ガソリンを積んだトラックが爆発し、少なくとも5人が死亡、50人以上がけがをしました。反政府武装勢力タリバンが犯行声明を出し、アフガニスタンの和平に向けたアメリカ政府との交渉への影響が懸念されます。
アフガニスタンの首都、カブールにある外国人が多く暮らす地区で2日夜、ガソリンを積んだトラックがガソリンスタンド付近で、突然、爆発しました。

この爆発で、ガソリンスタンドや近くにある住宅が大きく壊れ、アフガニスタンの内務省によりますと、少なくとも市民5人が死亡し、50人以上がけがをしたということです。

この爆発について、反政府武装勢力タリバンは犯行声明を出し、「外国人を狙って車に爆弾を仕掛けた」と主張しました。

アフガニスタンの和平に向けて、タリバンはアメリカ軍部隊の早期撤退を目指すトランプ政権と交渉を続け、アメリカ側の代表が2日、和平合意の草案に原則合意したことを明らかにしたばかりです。

それにも関わらずテロを続けるタリバンには、みずからの攻撃能力を示し、大詰めの交渉を優位に進めるねらいがあるとみられますが、アメリカの反発は避けられず、和平交渉への影響が懸念されます。

ご感想

他の情報