ガン議長、第138回IPUで発言

(VOVWORLD) - 25日午前、スイスのジュネーブで、「移民・難民問題の解決を目指す世界的な協力体制の強化」をテーマとするIPU=列国議会同盟第138回総会の全体会議が行われました。
ガン議長、第138回IPUで発言 - ảnh 1 写真提供: Le Tuyet

 席上、グエン・ティ・キム・ガン国会議長はスピーチを行い、「IPUは世界最大の議会同盟として各国間の協力の強化に牽引役としての役割を果たし続ける必要がある」と強調しました。ガン議長は次のように語りました。

(テープ)

「ベトナムは国際社会の積極的でかつ責任あるメンバーとしてベトナムは自国の法律、発展度合い、また、締約した国際条約に見合うような移民問題の解決、とりわけ『国連の移民の安全と秩序と合法性を保障する』に関する合意書の作成に参加する用意があります。また、持続可能な開発のための2030アジェンダの実施をはじめ、国連の諸活動に主体的に参加し、国の発展事業に平和で安定した環境をつくっています。」

同日正午、ガン議長はブルガリアのTsveta Karayancheva国会議長と会見した際、ベトナム国会は両国政府の協力を支持し、両国の関係を新たな発展段階に押し上げ、貿易、投資協力を強化するよう全力を尽くすと確約しました。

他方、同日夜、IPUのマーティン・チュンゴン事務総長はガン議長と会見し、ベトナム国会代表団の積極的な役割を高く評価しました。一方、ガン議長はチュンゴン事務総長がUNDP=国連開発計画ベトナム事務所の活動やベトナム国会議員への持続可能な開発目標の実現状況を評価する目安の紹介を支援したことに感謝しました。

ご感想

他の情報