キム第1書記が直接発射を命令か

キム第1書記が直接発射を命令か - ảnh 1

                         (写真:AP)

朝鮮民主主義人民共和国は9日、日本海に向けて2発の短距離弾道ミサイルを発射しましたが、発射の命令は、現地を視察したキム・ジョンウン第1書記が直接、下したものとみられています。

朝鮮民主主義人民共和国は9日、南西部のファンヘ道付近からスカッド・ミサイルとみられる短距離弾道ミサイル2発を日本海に向けて発射しました。これに続いて10日、朝鮮民主主義人民共和国の朝鮮中央通信は、キム・ジョンウン第1書記が軍の西部戦線のミサイル発射訓練を現地指導し、発射命令を下したと伝えました。

訓練の日時などは明らかにしていませんが、9日にファンヘ道で行われた短距離弾道ミサイルの発射をキム第1書記が現地で視察し、発射の命令を直接下したものとみられています。

この際、キム第1書記は「きょう行った実戦さながらの訓練を通じて、ロケット部門の戦闘準備を一層強化しなければならない」と指導したということで、朝鮮中央通信は「訓練は部隊の実戦能力を判定するために行われた」と伝えています。

ご感想

他の情報