ギリシャ政府、国営放送ERTを閉鎖 緊縮策の一環

ギリシャ政府は12日までに、緊縮策の一環として、国営放送ERTの閉鎖を発表しました。より少ない陣容で新しい放送局をスタートさせると説明しています。

ギリシャ政府、国営放送ERTを閉鎖 緊縮策の一環 - ảnh 1

政府報道官はERTの放送を通じてこの発表を行い、慢性的な腐敗や予算管理の不手際(ふてぎわ)を閉鎖の理由として挙げたうえで、「ギリシャ国民が犠牲を強いられている時に、聖域を理由に対策を遅らせたり躊躇(ちゅうちょ)したりする余裕はない」と語りました。

ERTが運営する3つのテレビチャンネルとラジオ放送のうち複数は、12日早朝に放送が打ち切られました。

ERTによりますと、閉鎖によって失職する職員は2656人にのぼります。政府報道官は「できるだけ早く現代的な放送局を確立し、営業を開始する」としており、現在のERTの職員が新たな職に応募することも可能です。

新態勢による放送再開の時期は発表されていません。首都アテネにあるERT本社前には閉鎖に抗議する職員数百人が集結し、労働組合は不服を申し立てる意向を表明しています。

ご感想

他の情報