ギリシャ最大の移民施設火災、独仏など数百人の受け入れ表明

(VOVWORLD) -ギリシャのレスボス島にある同国最大のモリア移民収容施設の火災で、数千人の難民申請者が住む場所を失ってから3日目を迎えました。フランスやドイツ、オランダは10日、子どもたちを中心に数百人の移民を受け入れると表明しました。
ギリシャ最大の移民施設火災、独仏など数百人の受け入れ表明 - ảnh 1         (写真:AFP/TTXVN)

絶望に立たされた家族の多くには幼い子どもがおり、家もなく空腹で苦しい生活を送っています。多くの人には、テントや最低限の寝具すらないです。

施設が炎に包まれる前になんとか身分証明書を持ち出すことができたシリア人女性のファトマ・アルハニさんは、「私たちはすべてを失った。食べ物も水も薬もなく、見捨てられた」と述べました。

ドイツとフランスの協議に近い筋はAFPに対し、独仏両国は10日、施設にいる約400人の未成年者をEU欧州連合加盟国で分担して受け入れる新たな取り組みに合意したと述べました。

アンゲラ・メルケル独首相はベルリンで行われたパネルディスカッションで、「前段階として、未成年者の難民を受け入れるようギリシャに提案している。それに続いて他の措置も講じられるべきだ」とし、EUは移民政策について「最終的により多くの共同責任を負わなければ」ならないと指摘しました。

 ギリシャのキリアコス・ミツォタキス首相は、そうした心情が行動に移されることを望んでおり、仏領コルシカ島で行われた地中海沿岸諸国の首脳サミットで10日、「欧州は連帯の言葉から連帯の行動の政策に移行しなければならない。移民危機を議論の中心とし、さらにいっそう具体的にするべきだ」と主張しました。

オランダは、移民100人(うち半数は未成年)の受け入れを表明しています。(AFP)

ご感想

他の情報