ギリシャ沖でカナダ軍ヘリ墜落、1人死亡 5人不明

(AFP=時事)ギリシャ・イタリア間の海上で29日、北大西洋条約機構(NATO)の任務に参加していたカナダ海軍のヘリコプターが墜落し、残骸からカナダ人兵士1人の遺体が見つかりました。乗員5人が現在も行方不明となっています。当局が30日、明らかにしました。

ギリシャ沖でカナダ軍ヘリ墜落、1人死亡 5人不明 - ảnh 1    カナダ空軍の Sikorsky CH-148ヘリ

      (写真:Wikipedia)

ヘリは米シコルスキー(Sikorsky)製CH148「サイクロン(Cyclone)」で、訓練任務を終えてカナダ海軍のフリゲート艦フレデリクトン(HMCS Fredericton)へ帰還途中だった29日夜に消息を絶ちました。

カナダのジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)首相は首都オタワで開いた記者会見で、「カナダ軍の乗員6人を乗せNATO任務に従事していたカナダ海軍のヘリコプターが昨日、ギリシャ沖のイオニア海(Ionian Sea)に墜落した」と発表しました。「犠牲者1人が収容され、5人が行方不明となっている」と述べました。

軍消息筋によりますと、残骸は「イタリアの管理・干渉の及ぶ範囲内」で見つかり、カナダ軍のヘリコプターと特定されました。

ご感想

他の情報