キング牧師演説から57年 人種差別撲滅求め米で大規模集会

(VOVWORLD) -アメリカの首都ワシントンで人種差別の撤廃を訴えたキング牧師の歴史的な演説から57年となる28日、現地で大規模な集会が開かれ、ことし5月に白人の警察官に首を押さえられ死亡した黒人男性の遺族などが構造的な差別の撲滅を強く訴えました。
キング牧師演説から57年 人種差別撲滅求め米で大規模集会 - ảnh 1              (写真:AFP/TTXVN)

集会は首都ワシントンのリンカーン記念館の前の広場で開かれ、1万人を超えるとみられる人たちが参加しました。

また、ことし5月に中西部ミネソタ州で白人の警察官に首を押さえられて死亡したジョージ・フロイドさんの弟も壇上に立ち、ことばを詰まらせながら「私たちが声をあげたことで本当の変化が起きている。ジョージも空から見ているはずだ」と述べました。

アメリカでは、今月23日に中西部ウィスコンシン州で黒人男性が警察官に背後から銃で7発撃たれたことを受けて人種差別への抗議の声が改めて高まっています。

参加者たちはこのあと、「黒人の命も大切だ」、「沈黙は暴力と同じだ。立ち上がらなければならない」というメッセージを掲げて行進し、構造的な差別の撲滅を強く訴えました。

(NHK)

ご感想

他の情報