ズン首相はASEAN首脳会議関連の各会議に出席

19日午前、インドネシアのバリで、ベトナムのグェンタンズン首相はASEAN・国連、及びASEAN・インド首脳会議に出席しました。ASEAN・国連首脳会議では、昨年3月、ハノイで行われた第3回ASEAN・国連首脳会議の決議の実施状況が点検された他、ASEANと国連の全面的かつ実質的な関係の強化について討議が行われました。これを機に、ASEAN加盟諸国の指導者と国連事務総長はASEAN・国連の全面的なパートナー関係に関する共同声明を採択しました。

他方、ASEAN・インド首脳会議では2011年から2015年までの行動計画、及び2011年から2012年までのワーキング計画の実施状況が点検されました。双方は経済、貿易を中心とするASEANとインドとの協力関係の強化の重要性を強調しました。又、自然災害予防対策、越境犯罪防止対策、エネルギーと食糧安全保障での協力を強化することで一致しました。なお、19日、東アジアサミットが開幕し、ASEAN10カ国を始め、国連、及びパートナーが参加しました。会議では、地域と国際問題、財政、エネルギー、教育、疫病と自然災害の予防対策での協力の強化措置について討議が行われました。

ご感想

他の情報