ズン首相、国連総会一般討論に参加


ズン首相、国連総会一般討論に参加 - ảnh 1

26日、グェン・タン・ズン首相はフランスの首都パリを発ち、第68回国連総会一般討論に臨むためにアメリカへ向かいました。

ベトナムの高級代表団が国連総会の一般討論会に参加することは、ベトナムの国際社会への参入路線の継続、ベトナムの地位向上を目指すと同時に、ベトナムと国連との関係強化に寄与すると期待されています。

討論会で、参加者らはシリア情勢や人権、男女平等、飢餓一掃貧困解消、持続可能な開発、ミレニアム目標の遂行、2015年後の国連の開発議事プログラムの作成プロセス、グローバルな試練対応における国連の役割などについて討議するとしています。

なお、第68回国連総会一般討論に参加する際に、ズン首相はWB=世界銀行の指導者などと会合を行い、ベトナムにおける貧困解消、及び経済社会発展分野における双方の良好な協力関係の強化措置について協議する予定です。

ご感想

他の情報