タイ銃乱射、容疑者の母も説得できず 死者29人

(VOVWORLD) -タイ東北部ナコンラチャシマ県のショッピングモールなどで兵士が銃を乱射した事件では、容疑者の母親も説得のため、現場近くまで駆け付けていたことが分かりました。
タイ銃乱射、容疑者の母も説得できず 死者29人 - ảnh 1      (写真:AFP/TTXVN)

当局者らによりますと、8日夜から9日朝まで続いた事件の死者は29人に上り、容疑者自身も警官に射殺されました。58人が負傷し、このうち30人は入院して治療を受けています。

タイ公衆衛生省の当局者は9日、現場で7人の遺体が収容されたと発表しました。この中に容疑者の遺体も含まれている模様です。ほとんどの犠牲者は現場で死亡しましたが、2人は病院での手術中に亡くなったといいます。

モール内の保安チームを率いた軍の将官によりますと、同県と隣接する容疑者の出身地、チャイヤプーン県から母親を呼び寄せたものの、モール内に立ち入ることはできませんでした。母親は同将官に、息子はうつ状態で極端に短気な性格のため、自分が話しても無駄だろうと話していました。

容疑者は盗んだ機関銃1丁と短銃2丁を持ち、機関銃には約800発の弾丸が込められていたといいます。

ご感想

他の情報