タイ首相、退陣要求拒否


17日、タイのインラック首相は海外メディアと会見しました。同首相は反政府派の退陣要求を明確に拒否し、総選挙を予定通り2月2日に実施する意向も表明しました。

タイ首相、退陣要求拒否 - ảnh 1
(写真:AFP)

しかし、選挙を混迷脱却につなげる具体的道筋を示すことは出来ず、司法当局が政権の目玉政策を巡る不正の捜査に乗り出すなど首相の苦境は深まる一方です。

インラック首相は「下院を解散し選挙管理内閣を率いる自分は、憲法の規定で辞任は出来ない」と述べ、総選挙後の新政権発足まで辞任はあり得ないと強調しました。 総選挙については「選挙こそ国民の声を聞く唯一の機会だ。出来るだけ早く実施したい」と語りました。

選挙管理委員会が延期を勧告したことについては「選挙を行 うのが選管の仕事だ」と述べ、2月2日実施に向けた準備を促していく考えを示しました。

ご感想

他の情報