ダム副首相 患者にテト用品を贈る

(VOVWORLD) - 24日午前、ハノイで、ヴ・ドゥク・ダム副首相が、ハノイ市内の108号軍医病院を訪れ、この病院で治療を受けている患者にお見舞いの言葉を述べ、テト用品を手渡しました。
ダム副首相 患者にテト用品を贈る - ảnh 1 患者にお見舞いの言葉を述べているダム副首相

ダム副首相は、同病院に対し、病院で旧正月テトを迎える300人の患者がテトを楽しめるように心がけるよう求めました。

同日、保健省の本部で、ダム副首相は、危険な新型感染病指導委員会の会議を主催し、新型コロナウイルスによる肺炎対策を強化するよう指導しました。保健省によりますと、武漢から訪れた男性とベトナムに滞在するこの男性の息子のいずれも中国人2人の感染が確認されました。現在、この2人の患者はホーチミン市内のチョーライ病院で二重隔離と治療を受けており、24日午前、、2人の患者の健康状態は安定しているとしています。ド・スアン・トゥエン保健次官は次のように語りました。

(テープ)

「保健省は、全国の医療施設に対し、新型コロナウイルス感染者と、その感染のケースを疑われる人を隔離し、その場で治療するよう指導しています。保健省は、感染者から病院関係者に感染しないように、二重隔離に関する厳しいガイドラインを出しました。」

ご感想

他の情報