チン首相 ASEANの指導者会合出席のためのインドネシア訪問を終了

(VOVWORLD) - 24日夜、ファム・ミン・チン首相率いるベトナムの高級代表団は、インドネシアの首都ジャカルタで開催されたASEAN東南アジア諸国連合の指導者会合に出席するためのインドネシア訪問を成功裏に終え、帰国しました。
チン首相 ASEANの指導者会合出席のためのインドネシア訪問を終了 - ảnh 1会合の様子

今回の会合で、ASEANの指導者らは、ASEAN共同体づくり、ASEANの外交関係、及び、共に関心を寄せている地域と国際問題といった3つの議題に集中的に協議しました。

ミャンマー問題とASEANの役割について、チン首相は、国連安全保障理事会非常任理事国、特に2021年4月の安保理議長国を務めているベトナムはミャンマー問題の解決策を見出すために全力を尽くしていると明らかにし、ASEAN加盟諸国に対し、国連の場でベトナムと緊密に連携し、ミャンマー問題のふさわしい解決策を見出すよう訴えました。

この機に、チン首相は、2021年のASEAN議長国ブルネイのハサナル・ボルキア国王、インドネシアのウィドド大統領、カンボジアのフンセン首相、シンガポールのリー・シェンロン首相、マレーシアのムヒディン・ヤシン首相、リム・ジョクホイASEAN事務総長などの指導者らと会見・会合を行いました。

ご感想

他の情報