ティ将軍、カンボジアを訪問


ドー・バ・ティ国防次官兼人民軍参謀総長率いるベトナム人民軍総参謀部代表団はカンボジアを訪問しています。

この訪問はベトナム人民軍とカンボジア国軍が合意した高級訪問団の交換プログラムの一環です。16日カンボジアで行われた会談で、双方はベトナムと地域の情勢について討議しました。

ティ次官は、「中国側が5月1日にベトナムの排他的経済水域に石油リグ海洋981号を設置したことはベトナムの主権を深刻に侵犯するだけでなく、地域の平和、安定、安全保障も脅かしている」とした上で、「ASEAN各国は団結を更に強化して、COC=海上行動規範を早期に作成する必要がある」と訴えました。

訪問期間中、同代表団はプレアシハヌーク州にあるベトナム志願兵の記念塔に花輪を捧げたほか、カンボジアの海軍基地を訪れました。

 

ご感想

他の情報