「デジタル時代の人材育成」シンポ

(VOVWORLD) - 6日、ハノイで、国際人材開発協会の第18回アジア地域シンポジウムが行われました。同協会のシンポジウムがベトナムで行われるのは今回が初めてです。
「デジタル時代の人材育成」シンポ - ảnh 1 シンポジウムで発表しているフン局長

「デジタル時代の人材育成」をテーマとしたこのシンポジウムには、アジア各国の学者・政策制定者・専門家・管理者など合わせて120人が参加しました。

シンポジウムで、ベトナム教育訓練省大学教育局のグエン・ティ・キム・フン局長は、ベトナムとASEANの幾つかの加盟国間の労働効率の格差がまだ大きいことの要因は、ベトナムの人材の質がまだ低いことにあると指摘し、第4次産業革命が進められている背景の中で、ベトナムの各大学は教育方針と教育方法を変える必要があると述べました。フン局長は次のように語りました。

(テープ)

「大学教育は、モデルから構造や思想までの改革を必要とすると思います。一度勉強しただけで生涯働くという従来の考え方を捨てて、生涯学習へとチェンジしなければなりません。そのため、世界の急速な変化に応えるために、労働者の再教育は差し迫った課題となっています。」

シンポジウムで、国内外の学者や専門家は、ベトナムのダイナミックな経済成長の要求に応えられる人材の育成についていろいろな意見やアドバイスを出しました。

ご感想

他の情報