テトを迎える国外在住ベトナム人コミュニティ

(VOVWORLD) -新型コロナウイルス感染症が蔓延している中で、国外在住ベトナム人コミュニティは例年と違う方法で2021年の旧正月テトを迎えています。
テトを迎える国外在住ベトナム人コミュニティ - ảnh 1パリにあるアジア諸国の市場の一角

フランスの首都パリ郊外に在住しているブイ・タン・トウンさんは、「大晦日の夜に、友だちの元を訪れずに、電話で新年を祝する」と明らかにしました。

一方、フランスのマルセイユとエクスアンプロヴァンス街に在住するベトナム人協会のグエン・マイン・クアン副会長は、「新型コロナの影響で、今年のテトに当たり、私たちは、現地で暮らしているベトナム人を対象にバインチュン作りというイベントしか行わなかった。宴会や文芸活動などは開催しない」と述べました。

テトを迎える国外在住ベトナム人コミュニティ - ảnh 2バインチュンを作る北京在住ベトナム人たち
一方、フランス在住ベトナム人たちが、旧正月テトの雰囲気を実感できるために、フランス在住ベトナム人協会は、文化・娯楽活動をオンライン形式で行う予定です。


他方、中国在住ベトナム人共同体にとって、今年のテトは、引き続き特別なテトになっています。在中国ベトナム大使館のファム・タン・ビン大使は、「今年のテトに当たり、中国在住ベトナム人共同体向けの迎春のイベントを開催したものの、節約や疫病対策の遵守を確保した」と明らかにしました。

ご感想

他の情報