「テト明け植樹運動」30日に開始

(VOVWORLD) - 旧正月テトの6日に当たる1月30日、ベトナム北部の14の地方は、ホーチミン主席が1959年に提唱した「テト明け植樹運動」を開始する予定です。

この60年、この運動は、全国民が積極的に参加しており、環境保護だけでなく、経済社会発展にも大きく貢献していると評されています。

今年の運動の目標について、農業農村開発省所属林業総局のカオ・チ・コン副総局長は次のように語りました。

(テープ)

「まずは、自然災害防止対策に効果がある保安林の植林計画を実現させなければなりません。ほかの植林計画においては、その林に植えられる各種の木を厳選しなければなりません。そして、輸出用の木工製品を作るために、価値の高い木を集中的に植えなければなりません。」

ご感想

他の情報