ドイツ経済、4-6月成長率はマイナス10%前後-連銀予想

(VOVWORLD) - ドイツ連邦銀行(中央銀行)は、政府の景気支援パッケージが景気回復を後押しし、家計と企業のセンチメント改善を促すはずだとしつつ、4-6月(第2四半期)には効果があまり表れてこないだろうとの見方を示しました。
ドイツ経済、4-6月成長率はマイナス10%前後-連銀予想 - ảnh 1 ドイツ連邦銀行のイェンス・ヴァイトマン総裁=AFP/TTXVN

ドイツ連銀は4-6月のGDP=国内総生産の成長率をマイナス10%前後と予想しました。1-3月はマイナス2.2%でした。

政府の賃金補助は3月に200万人、4月には約600万人に支給人数が増え、5月にはさらに増加した公算が大きいということです。ただ、建設業の好況は新型コロナウイルスのパンデミックでも大部分の期間で持ちこたえました。

インフレ率は付加価値税(VAT)減税により7月から年末まで「大幅なマイナス」になると連銀は見込みます。2021年には再びプラスに転じ、同年下期は前年同期の数値が低いことから、「比較的高い」インフレ率になるだろうと予想しました。(Bloomberg)

ご感想

他の情報