トランプ大統領の弾劾裁判 権力乱用と議会妨害で無罪評決

(VOVWORLD) -アメリカのトランプ大統領がウクライナ疑惑を巡り「権力乱用」と「議会妨害」に問われた弾劾裁判で、議会上院は5日、いずれについても無罪の評決を下しました。これにより裁判は終結し、トランプ大統領は罷免されず大統領職にとどまることになりました。
トランプ大統領の弾劾裁判 権力乱用と議会妨害で無罪評決 - ảnh 1    弾劾裁判の様子(写真:ロイター)

トランプ大統領は、みずからの政治的利益のためにウクライナに圧力をかけた「権力乱用」と、議会による調査を妨害した「議会妨害」で去年12月に弾劾訴追され、議会上院で先月から弾劾裁判が開かれてきました。

裁判では疑惑の核心を知るとされるボルトン前大統領補佐官を証人に呼ぶかどうかが最大の焦点になりましたが、与党・共和党の反対で動議は否決され、証言は実現しませんでした。

これを受けて5日、陪審員役の上院議員が「権力乱用」と「議会妨害」のそれぞれについて有罪か無罪かの判断を表明する手続きを行いました。

その結果、「権力乱用」については有罪が48、無罪が52、「議会妨害」については有罪が47、無罪が53となり、いずれも大統領を有罪とするのに必要な出席議員の3分の2以上に達せず、裁判長役を務めるロバーツ連邦最高裁判所長官はトランプ大統領に無罪評決を下しました。

これにより裁判は終結し、トランプ大統領は罷免されず大統領職にとどまることになりました。

トランプ大統領としてはみずからの潔白が証明されたとアピールして、秋の大統領選挙での再選に向けた運動を勢いづけたい考えですが、民主党側は政治的な幕引きで疑惑は残ったままだとして、大統領として不適格だと訴えるとみられ、対立は続くことになります。

ご感想

他の情報