トランプ大統領、対中制裁関税は「選択肢の一つ」

(VOVWORLD) - アメリカのトランプ大統領は1日、新型コロナウイルスの世界的感染拡大を巡り中国に責任があると判断した場合に対中制裁関税を発動する可能性について「選択肢の一つだ」と改めて強調しました。

トランプ氏は中国の新型コロナの対応について「快く思っていない」と批判しました。世界各国に感染が広がっており「ひどい状況だ」と指摘し「いろいろ言わせてもらいたいことがある」と述べました。

アメリカの情報機関は新型コロナウイルスが中国湖北省武漢市の研究所から流出した可能性を調べており、トランプ氏は流出説について自信を持てる証拠を「見た」としています。

マクナニー大統領報道官は1日の記者会見で「大統領は、中国による情報伝達の遅延でアメリカの国民の命が危険にさらされたことを深刻に受け止めている」と述べ、中国の情報公開に問題があったと非難しました。

ご感想

他の情報