トランプ大統領 対イラン安保理制裁復活手続き 近く開始の意向

(VOVWORLD) -アメリカが求めるイランに対する武器の禁輸措置の延長が国連の安全保障理事会で認められなかったことを受けて、トランプ大統領はイランに対する安保理制裁を復活させる手続きを近く始める意向を明らかにしました。
トランプ大統領 対イラン安保理制裁復活手続き 近く開始の意向 - ảnh 1        (写真:AFP/TTXVN)

イランが武器を輸出入することを禁じる国連の措置は、5年前のイランと欧米などとの核合意に基づき、ことし10月に解除されることになっていますが、アメリカは措置の延長を求める決議案を安保理に提出し14日採決にかけられましたが中国やロシアの反対で否決されました。

これを受けてトランプ大統領は15日の記者会見で、武器の禁輸措置を含めたイランに対する安保理制裁を復活させる手続きを近く始める意向を明らかにしました。

アメリカは、核合意でイランに違反があった場合、合意前の安保理制裁を復活させる「スナップバック」という仕組みを活用する構えで、制裁が復活されればイランが反発を強め緊張が高まるのは必至です。

ロシアのプーチン大統領は情勢の悪化を避けるためとして核合意に関わった関係国によるネット上での首脳会議の開催を呼びかけています。

しかし、トランプ大統領は「今はおそらく開催しない。大統領選挙が終わるまで待ちたい。イランは私が選挙で負けることを願っている」と述べ、開催に否定的な考えを示しました。

制裁の復活をめぐっては、ロシアと中国は核合意を離脱したアメリカに復活を求める権利はないと主張しているのに対してトランプ政権は権利があると訴えていて、イランをめぐる関係国の攻防が今後、激しさを増す見通しです。(NHK)

ご感想

他の情報