トランプ大統領 米中交渉4週間程度で合意目指す

(NHK)アメリカのトランプ大統領は、貿易交渉のためワシントンを訪れている中国の劉鶴副首相と会談し、今後、4週間程度で交渉をまとめ合意を目指す考えを示しました。

ただ中国による知的財産権の侵害の問題などで双方の隔たりはなお大きく、閣僚レベルで交渉を続けることにしています。

米中の貿易摩擦の解消を目指す閣僚級の交渉は、今週、ワシントンで再開し、4日午後、トランプ大統領が、中国側の代表を務める劉鶴副首相と会談しました。

この中で、トランプ大統領は、中国による知的財産権の侵害の問題などで双方の隔たりはなお大きくまだ合意には達していないことを明らかにしました。

ただトランプ大統領は、「合意には近づいている。今後、4週間で、合意できるかわかるだろう」と述べ、交渉を4週間程度でまとめて合意を目指す考えを示し、習近平国家主席との首脳会談にも意欲を見せました。

これまでの交渉で、アメリカ側は、仮に交渉が合意した場合でも中国が約束を守ることを確かめるまで、高い関税をかける制裁措置を続けると主張し、中国側が反発しています。

米中は閣僚レベルで交渉を続けることにしていますが、互いに高い関税をかけあう貿易摩擦は、すでに1年以上におよび、長期化すれば世界経済の減速傾向に拍車をかけるおそれもあります。

習主席メッセージ “実質的な進展得られた”

中国国営の新華社通信によりますと、劉鶴副首相はトランプ大統領との会談で習近平国家主席のメッセージを伝えました。メッセージでは「この1か月余りの交渉で鍵となる問題について実質的な進展を得ることができた」と交渉の進展を評価し、できるだけ早い合意に期待を示したということです。

そのうえで「トランプ大統領とさまざまな手段を通じて密接に連絡を取り合い、共同のリーダーシップのもとで両国の関係がさらに進展すると信じている」と伝えました。

新華社通信は、トランプ大統領が習主席との首脳会談に意欲を見せたと報じていますが、トランプ大統領が言及した4週間程度という具体的な期間には触れていません。

ご感想

他の情報