トランプ政権 中国語教育機関「孔子学院」の管理強化へ

(VOVWORLD) - アメリカのトランプ政権は、国内の大学などで中国語を教えている「孔子学院」という機関について「中国の政治的な宣伝を行っている」として、運営資金などの届け出を義務づけ管理を強化することを決めました。
トランプ政権 中国語教育機関「孔子学院」の管理強化へ - ảnh 1 アラバマ州のトロイ大学にある「孔子学院」=NAS

「孔子学院」は中国語や中国文化を教えるため中国政府が各国の大学などと協力して設けている機関で、アメリカには75か所あるということです。


これについて、アメリカのポンペイオ国務長官は13日、声明を出し、「中国の政治的な宣伝などを行い教育に悪影響を及ぼしている」として、外国の大使館などと同じ、外国政府の機関に指定すると発表しました。

これによって、「孔子学院」は今後、職員の名前や運営資金、教育の内容などをアメリカ政府に届け出ることが義務づけられるということです。

中国との対立が激しさを増す中、アメリカでは、対中強硬派の議員などが「孔子学院」は中国の影響力の拡大を図るものだとして問題視し、各地で閉鎖が相次いでいます。

トランプ政権はことし2月、中国の主要メディアに対しても保有資産や記者の個人情報などの届け出を義務づけていて、さらに圧力を強めるねらいとみられます。(NHK)

ご感想

他の情報