トランプ氏、フィリピンの地位協定破棄「気にしない」 首脳間の良好な関係強調

【ワシントン時事】トランプ米大統領は12日、フィリピン政府が「訪問米軍に関する地位協定」の破棄を通告したことについて「気にしない」と述べ、問題視しない考えを示した。

ホワイトハウスで行われたモレノ・エクアドル大統領との会談冒頭、記者団に語りました。

トランプ氏は、米国が比政府による過激派組織「イスラム国」(IS)掃討を支援してきたと強調し、ドゥテルテ比大統領とも「とても良い関係にある」と主張しました。

地位協定破棄に関し「私の見解は他の人と違うが、多額の金を節約できて大変結構だ」と述べました。

ご感想

他の情報