トルコでマグニチュード6.7の地震 18人死亡 夜を徹し救助急ぐ

(NHK) トルコ東部でマグニチュード6.7の地震があり、揺れの強かった地域で合わせて30の建物が倒壊していてこれまでに18人の死亡が確認されました。トルコ政府は崩れた建物の下敷きとなっている人たちの捜索と救助を急いでいます。
トルコでマグニチュード6.7の地震 18人死亡 夜を徹し救助急ぐ - ảnh 1                        地震現場(写真:NBC)

USGS=アメリカの地質調査所によりますと、24日夜9時前、日本時間の25日午前3時前、トルコ東部のエラズー県を震源とするマグニチュード6.7の地震が発生しました。
トルコ政府によりますと、揺れの強かった地域で合わせて30の建物が倒壊し、エラズー県とその周辺でこれまでに18人の死亡が確認されたということです。

また、600人以上がけがをするなどして病院で手当てを受けたということです。

現場では夜を徹して、災害緊急事態対策庁のチームが捜索と救助活動を行っていて、トルコのソイル内相は、30人前後が崩れた建物の下敷きとなっているという見方を示しました。

トルコでは、2011年に東部で起きた地震で600人余りが死亡したほか、1999年には、西部で大地震が発生し、1万7000人以上が死亡するなど、地震でたびたび大きな被害が出ています。

ご感想

他の情報