バイデン米大統領、ロシアに「さらなる措置」警告 緊張緩和へ対話も模索

(VOVWORLD) - 軍備管理や朝鮮民主主義人民共和の問題に関して対話を模索したい意向を示しました。
バイデン米大統領、ロシアに「さらなる措置」警告 緊張緩和へ対話も模索 - ảnh 1        (写真:AFP/TTXVN)

アメリカのバイデン大統領は15日、対ロシア制裁発動を受けてホワイトハウスで演説し、ロシアがアメリカの民主主義への介入を続ければ、「さらなる措置を取る用意がある」と警告しました。ただ「安定かつ予測可能な関係を望む」と述べ、「今は緊張を緩和させる時だ」と訴えました。軍備管理や朝鮮民主主義人民共和の問題に関して対話を模索したい意向を示しました。

アメリカ政府は15日、アメリカ政府機関に対するサイバー攻撃や昨年のアメリカ大統領選介入への対抗措置として、関与したロシア企業の制裁指定やロシア外交官10人追放などの制裁を発表しました。

ただ、バイデン氏は「さらに踏み込むことができたが、そうしないことを選んだ」と説明しました。米ロ対立がこれ以上エスカレートするのを避け、対話の余地を残す狙いがあったとみられます。(時事通信)

ご感想

他の情報