ハナム省で、ホアンサとチュオンサの両群島に関する展示会

(VOVWORLD) - 21日、北部ハナム省のビエンホア学校で、同省教育訓練局文化スポーツ観光局と協力し、「ベトナムのホアンサとチュオンサの両群島、歴史的・法的証拠」と題する展示会を開催しました。
ハナム省で、ホアンサとチュオンサの両群島に関する展示会 - ảnh 1写真提供:Dai Nghia

展示会ではこれらの群島に関する地図や漢字、ベトナム独自の文字「チュノム」による資料や文書、現物、印刷物、そしてアトラス世界地図帳などおよそ200点が展示され、両群島に対するベトナムの領有権を立証しています。その中に16世紀から19世紀にかけて、グエン王朝が発行した漢字、チュノムによる文書などがあり、ホアンサとチュオンサ両群島の開拓、管理、支配、主権主張に関するものです。

これらの資料は、この両群島をはじめベトナム東部海域(いわゆる南シナ海)の主権に対する中国の歪曲論調と一方的な主張を否定するものです。展示会は11月1日まで開催されます。

ご感想

他の情報