パレスチナ当局、「ヨルダン川西岸の占領は人種主義に等しい」

(VOVWORLD) - パレスチナ解放機構・執行委員会のアリカト事務局長は、ヨルダン川西岸のより多くの地域のイスラエルへの併合は、アパルトヘイトや人種主義に等しい、だとしました。
パレスチナ当局、「ヨルダン川西岸の占領は人種主義に等しい」 - ảnh 1    ヨルダン川西岸地区=AFP/TTXVN

パレスチナのヴァファ通信によりますと、アリカト事務局長は、「シオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相は、たとえパレスチナの領土のわずかな部分であれ、ヨルダン川西岸の併合計画を実行すれば、一つの占領者が負うべきすべての責任を受け入れなければならない」と述べました。

また、「ヨルダン川西岸の新たな地区の占領計画の実行は、協議による危機打開への希望がなくなることを意味する」と語りました。

シオニスト政権イスラエルは、今年7月からヨルダン川西岸の一部の地域を占領地に併合しようとしています。

こうした中、世界の多くの国、要人、政治・宗教の関係者、特にイスラム教徒はこの計画を非難しています。(ParsToday)

ご感想

他の情報