パレスチナ、米国およびイスラエルとのすべての協定を終了

(VOVWORLD) - パレスチナのマフムードアッバス大統領は、彼の政権は、イスラエルと米国の間で締結されたすべての協定を終了したと述べました。
パレスチナ、米国およびイスラエルとのすべての協定を終了 - ảnh 1    アッバス大統領(写真:AFP/TTXVN)

これは、5月19日現地時間火曜日にラマッラでの緊急会議で、アッバス大統領が語ったものです。アッバス大統領の劇的な一歩は、イスラエルがヨルダン川西岸を併合する計画の中で行われました。

パレスチナ解放機構-PLOとパレスチナ国家は、水曜日にイスラエルと米国とのすべての合意から解放されました。これは、5月20日水曜日、アラブニュースとアルジェリアにより報告されました。

アッバス大統領は、パレスチナは、安全保障協定を含む協定を遵守する義務からも切り離されていると説明し、その1つは1993年に署名されたオスロ協定だと明らかにしました。

アッバス大統領は、合意の終了とともに、イスラエルがパレスチナ人の土地を占領する実体として国際社会の前にすべての責任と義務を負うことを強調しました。

ご感想

他の情報