ヒマラヤ氷河崩壊し川氾濫 約30人がトンネル内に

(VOVWORLD) - インド北部で氷河が崩壊して川が氾濫し、これまでに9人が死亡しました。発電所のトンネル内部には現在も約30人が閉じ込められています。
地元メディアなどによりますと、インド北部のウッタラカンド州で7日、ヒマラヤ山脈の氷河が崩壊して川が氾濫し、これまでに9人が死亡、140人が行方不明となっています。被害を受けた水力発電所では、土砂に埋まったトンネルから作業員12人が救助されました。
発電所の別のトンネル内には約30人の作業員が取り残されていて、救出活動が続いています。氷河が崩壊した原因は分かっていませんが、地球温暖化でヒマラヤ山脈の氷河がとける恐れが指摘されていました。当局は現地に専門家を派遣し、原因を調べる方針です。(テレビ朝日)

ご感想

他の情報