フック国家主席、第76回国連総会での活動が終わる

(VOVWORLD) - この機に、フック国家主席は30カ国の首脳ら、および、国連や、IMF=国際通貨基金、世界銀行など国際組織の指導者ら、アメリカ在留ベトナム人共同体の代表などと個別会見を行ったほか、20件の貿易・投資振興活動に参加しました。

25日夜、グエン・スアン・フック国家主席は帰国し、第76回国連総会への出席と関連活動を成功裏に終えました。フック国家主席は国連で、およそ60件の活動を行いましたが、これらの活動は国際社会におけるベトナムの地位向上や、ベトナムの全方位外交政策の再確認に貢献し、また、平和・安定・発展に対するベトナムの希望を表明すると評されています。

国連総会で、フック国家主席は演説を行い、国連の核心的な役割向上と国際法の厳守を基盤に、多国間協力を強化して紛争や気候変動、疫病などのグローバルな試練に対応するよう提案しました。その中で、新型コロナウイルス感染症に対応することは最優先課題であると強調し、ワクチン接種率が低い国にワクチンを優先的に供給するなど新型コロナ対応における国際協力を強化し疫病を抑制するよう訴えました。

さらに、フック国家主席は国連安全保障理事会の輪番議長国を務めるアイルランドのマイケル・D・ヒギンズ大統領の招きに応じて、気候変動が世界の安全保障に及ぼす影響について話し合う首脳や外相による会合、いわゆる気候安全保障会合に参加し、演説を行いました。

この機に、フック国家主席は30カ国の首脳ら、および、国連や、IMF=国際通貨基金、世界銀行など国際組織の指導者ら、アメリカ在留ベトナム人共同体の代表などと個別会見を行ったほか、20件の貿易・投資振興活動に参加しました。

ご感想

他の情報