フック首相、オーストリア大使らと会見

(VOVWORLD) -  23日午後、政府本部でグエン・スアン・フック首相は在ベトナムオーストリア大使館のSchuller Gotzburg大使とハイテクプロジェクトの投資先を探しているテクノロジー・アンド・システムテックニックAT&S社のIngolf Schroeder最高経営責任者らと会合を行いました。
フック首相、オーストリア大使らと会見 - ảnh 1

席上、フック首相はベトナムとオーストリアの関係が日増しに発展し、両国は協力を強化する余地が大きいとの確信を示しました。

また、AT&S社のベトナムへの進出を歓迎するとともに、「ベトナム政府は常に外国人投資家らに有利な条件を作り出し、その中でハイテクプロジェクトなどに対する優遇税制を適用する」と強調しました。

一方、オーストリア大使館のSchuller Gotzburg大使はこれまでのベトナムの経済社会分野での成長を高く評価するとともに、AT&S社が展開する投資プロジェクトはベトナムのハイテク分野への投資誘致政策に合致するとの確信を示しました。

他方、AT&S社のCEOであるSchroeder氏はベトナム側が推薦した場所は同社の投資計画に見合うとし、インフラ・システムや人事、サプライ・チェーンなどの要素を検討したうえで、早期に決定を出すと明らかにしました。また、ベトナムに工場を建設する場合、ベトナム政府が有利な条件を作り出すよう希望を表明しました。

なお、AT&S社のこの投資プロジェクトは15億ユーロ規模で、およそ6千人の労働者に雇用を創出するとしています。

 

ご感想

他の情報