フック首相、ラオス首相と電話会談

(VOVWORLD) - 10日午後、グエン・スアン・フック首相はラオスのトンルーン・シスリット首相と電話会談を行い、第37回ASEAN首脳会議を前に両国の協力と地域協力について協議しました。
フック首相、ラオス首相と電話会談 - ảnh 1
席上、両首相は両国の特別な友好と全面的な協力関係を重視し、この関係の発展を第一の優先課題に位置づけていると強調するとともに、政治、国防・安全保障、経済、投資・貿易、文化、教育訓練を中心に協力活動を良好に行ってきたことを高く評価しました。

また、ベトナムとラオスは新型コロナを基本的に制圧している背景の中で両国間の人々の往来と物資の流通に有利な条件を作り出した上で、陸上国境検問所や商用便の運航を早期に再開することで一致しました。さらに、第43回政府合同委員会や第7回外相級協議、ラオス建国45周年を記念する活動の準備で協力するとしています。

両首相は地域と国際場裏、中でもASEANでの両国の緊密な連携と相互支持を高く評価しました。ラオスは2020年~2021年期の国連安全保障理事会非常任理事国とASEAN2020議長国としてのベトナムの役割を高く評価し、第37回ASEAN首脳会議と関連各会合の開催でベトナムを支援すると表明しました。そして、両首相はベトナム東部海域(南シナ海)問題の解決におけるASEANの団結とコンセンサスの重要性を強調し、国際法、とりわけ1982年国連海洋法条約に見合うCOC=海上行動規範の早期達成へ向けて交渉で連携し、地域の平和、安定の維持に貢献する意向を示しました。

ご感想

他の情報