フック首相夫妻、独立記念日の祝賀会を主催する

(VOVWORLD) -9月2日のベトナム独立記念日74周年を前にして、29日夜、ハノイで、グエン・スアン・フック首相夫妻は、独立記念日の祝賀会を主催し、駐ベトナム各国大使館の大使、国際組織の代表、そのご夫妻らがこれに参加しました。
フック首相夫妻、独立記念日の祝賀会を主催する - ảnh 1    フック首相(chinhphu.vn)

席上、フック首相は、引き続き、ベトナム駐在各国大使館の大使、国際組織の代表、及び、そのご夫人、ご夫妻らからの良好な感情、貴重な支援、効果的な協力を受けたい意向を表明し、次のように語りました。

(テープ)

「私は、本日の友好的な雰囲気の中で、独立権、民族自決権、及びそれぞれベトナム人の幸福追求権を勝ち取るための闘いにおいて、『独立、自由』という渇望が強烈に高まっていることを述べたいのです。ベトナム国民は、革命家の先輩方を受け継いで、『平和と繁栄』を望んでいます。ベトナムは、国家、企業、それぞれの製品、サービスの競争力を集中的に向上させ、国内外の企業に有利な投資経営環境づくりに尽力しています。」

また、フック首相は「2020年はベトナムにとって重大な出来事が行われる年である。そして、2016年~2020年期の経済社会発展計画を実現する最後の年でもある。2020年に、ベトナムは、ASEAN議長国、及び、2020年~2021年期の国連安全保障理事会非常任理事国を務める。これは、ベトナム民族の誇りと願望であり、かつ、ベトナムの大きな責任でもある」と明らかにしました。

さらに、国際情勢について触れた際、フック首相は「世界経済は回復しているものの、保護主義や、世界大国間の貿易摩擦、地政学的変化などのリスクに対応している。こうした背景の中で、それぞれの国は平和と繁栄を培う責任がある。各国、各民族間の関係は、平等、独立尊重、主権、領土保全、及び、正当な利益という原則に基づく必要がある。あらゆる紛争は、国際法に沿って、平和措置で解決されるべきだ」と訴えました。

ご感想

他の情報