フック首相、新型コロナ対応策を討議する会議を主宰

(VOVWORLD) - 15日午前、政府本部でグエン・スアン・フック首相は新型コロナ対応策を討議する政府会議を主宰しました。
フック首相、新型コロナ対応策を討議する会議を主宰 - ảnh 1 写真提供: Quang Hieu

席上、フック首相はこれまで新型コロナ対応策が前向きな成果を収めてきた。直近およそ1ヶ月連続でコミュニティでの人から人への感染症例がゼロであったと明らかにしました。また、フック首相は企業界との会合を行い、企業の困難軽減策や生産の回復、経済成長の推進、雇用創出について話し合いました。さらに社会保障政策が順調に実施されているとしています。

フック首相は国外在住ベトナム人の帰国者の中で多くの新型コロナ感染者が発見されたことを受け、政府のメンバーらに対し、国内状況に見合うような感染拡大予防対策を討議するよう求めました。フック首相は次のように語りました。

(テープ)

「新型コロナウイルス対策国家指導委員会の意見を検討し、過去1ヶ月間、コミュニティでの人から人への感染症例がなかったといえます。これは党、国家、国民にとって喜ばしい情報です。また、多くの国が新型コロナの感染拡大への対応に悩んでいる中で、これは国の発展に対する投資誘致を強化するための良いチャンスであると思います。」

さらに、地域と世界各国で新型コロナウイルス感染症が引き続き複雑に推移している中で、疫病への対応と同時に経済回復を目指し、適切な解決策を討議、提出するよう要請しました。そして、各省庁、地方に対して、新たな投資を受け入れる姿勢を整える必要があると訴えました。

ご感想

他の情報