フック首相、東アジアサミットに出席

(VOVWORLD) -フック首相は地域の平和、安定のため対話を行う場として開かれる東アジアサミットを歓迎しました。
フック首相、東アジアサミットに出席 - ảnh 1                             (写真:TTXVN)

4日夜、タイの首都バンコクで、開催中のASEAN10か国による首脳会議と関連各会議の活動の一環として、ASEAN=東南アジア諸国連合の加盟国と、日本やアメリカ、中国などが参加する東アジアサミットがベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海の領有権をめぐる問題など地域の安全保障について意見を交わしました。

各国の代表は1982年の国連海洋法条約を始め、国際法を尊重し、この海域の情勢を複雑化させないように自制をするよう呼びかけると共にDOC海上行動宣言を十分に履行し、COC=海上行動規範を早期に作成することの重要性を強調しました。

会議で、発言に立ったグエン・スアン・フック首相は地域の平和、安定のため対話を行う場として開かれる東アジアサミットを歓迎すると共に、ベトナム東部海域では国際法を違反する行為が発生し、地域の平和、安定、安全保障、航行と航海の自由にマイナス影響を与えていることから、地域内諸国が対話、信頼醸成を強化し、DOCを履行し、COCの早期作成に尽力するよう提案しました。

ご感想

他の情報