フック首相、欧州委員会委員長と電話会談

(VOVWORLD) - 両氏は、「PCA協定とともに、EVFTAとIPAにより、ベトナムはEUの重要なパートナーになる」との点で一致しました。
フック首相、欧州委員会委員長と電話会談 - ảnh 1       (写真:VGP/Quang Hiếu)

29日午後、グエン・スアン・フック首相は欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長と電話会談を行いました。

席上、フック首相は、ベトナム・EU=欧州連合の関係樹立30周年を迎えるにあたり、EVFTA=ベトナムとEUとの自由貿易協定が8月1日に発効され、双方に多大なチャンスをもたらし、双方関係を新しい発展段階に押し上げるであることに喜びの意を表明しました。

両氏は、「PCA協定とともに、EVFTAとIPAにより、ベトナムはEUの重要なパートナーになる」との点で一致しました。また、これらの協定の効果的な実施を目指し、連携を緊密化させることを確約しました。ライエン委員長は「ベトナムとの関係を重視している」と再確認しました。

フック首相とライエン委員長はベトナム東部海域(いわゆる南シナ海)問題にも触れ、深い懸念を表明したうえで、あらゆる紛争も1982年国連海洋法条約を含め国際法に従って平和的措置で解決する必要があるという立保を再確認しました。この機に、フック首相はライエン委員長に対し、ベトナムを訪問するよう招へいしました。

ご感想

他の情報