フック首相 「ベトナムは持続可能な平和のためのパートナー」

(VOVWORLD) - フック首相は、ベトナムは責任あるメンバーとして世界の平和・安全保障・発展・進歩のためにさらに努力してゆくと明らかにしました。

既にお伝えしましたように、7日、国連総会は、ベトナムを2020年から2021年期の国連安全保障理事会非常任理事国に選びました。この機に、グエン・スアン・フック首相は、「持続可能な平和のためのパートナー・ベトナムは世界の平和・安全保障・発展・進歩のために貢献する用意」と題する記事を執筆しました。

記事の中で、フック首相は、ベトナムがこの10年以上、2回にわたって安保理非常任理事国に選ばれたことは、国際社会におけるベトナムの威信を示すものであり、地域と世界の平和・安全保障に対するベトナムの貢献への期待でもあると強調しました。

国連総会の投票でベトナムが国連加盟193カ国の中の192カ国の票を受けたことについて、フック首相は、投票の結果はベトナムの全方位外交政策の成果の現れであり、国際社会における国の威信をさらに高めるチャンスでもあると述べました。また、ベトナムは責任あるメンバーとして世界の平和・安全保障・発展・進歩のためにさらに努力してゆくと明らかにしました。

さらに、フック首相は、2008年~2009年期の安保理非常任理事国を務めた際の経験を生かして、2020年~2021年期の安保理非常任理国の任務を全うし、「持続可能な平和のためのパートナー」になるであろうとの考えを示し、「安保理を始め、国連の加盟各国のご支援とご協力を頂きたい」と述べました。

ご感想

他の情報