ベイルート爆発 死者100人 けが人4000人 今も救出作業続く

(VOVWORLD) -中東・レバノンの首都ベイルートの港で大規模な爆発が起こり、死者は100人、けが人も4000人にのぼっています。現場では一夜があけた今も煙が立ちのぼり救出作業が続いていますが、被害者はさらに増えるとみられています。

レバノンの首都ベイルートにある港で現地時間の4日午後6時ごろ、複数回にわたって爆発があり、市内の広い範囲で建物や車が壊れるなどの大きな被害が出ました。

一夜明けた現地では倉庫やクレーンなどの港湾施設が大きく壊れ、煙が立ち上る中、救助活動が続いています。

被害の全容はまだ分かっていませんが、救助にあたるレバノンの赤十字社の事務局長は現地メディアに対し、これまでに100人が死亡し、けが人は4000人にのぼっていることを明らかにし、今も現場のがれきの下に取り残されている人がいるとして、被害者がさらに増えるとの見方を示しています。

現地の日本大使館によりますと、ベイルート在住の日本人1人が割れたガラスで手と足を切り、病院で手当てを受けましたがけがの程度は軽いということです。

爆発を受けてレバノン政府は港の倉庫に爆薬の原料にもなる、硝酸アンモニウムおよそ2750トンが、6年前から保管されていたことを明らかにし、今後、調査委員会を立ち上げ、詳しく調べることにしています。

レバノンは長引く経済危機で政府の資金繰りが悪化していて、ベイルートの市長は5日、「被害額は数十億ドル規模にのぼる」と述べるなど、経済へのさらなる影響が懸念されています。


ご感想

他の情報