ベトナム 国連人権理事会でミャンマー情勢について意見を出す

(VOVWORLD) -12日、国連の人権理事会は、ミャンマーでのクーデターを受けてスイスの国連ヨーロッパ本部で緊急の会合を開きました。
ベトナム 国連人権理事会でミャンマー情勢について意見を出す - ảnh 1(写真:AFP/TTXVN)

会合で、国連や、WTO=世界貿易機関、在ジュネーブ国際諸組織に駐在するベトナムの代表であるレ・ティ・トェット・マイ大使は発言に立ち、ベトナムとミャンマーはともにASEAN東南アジア諸国連合のメンバーであると述べ、ベトナムはミャンマーの情勢を見極めていると明らかにしました。

また、ミャンマーは一日も早く正常に戻り、引き続きASEAN共同体づくりに貢献するであろうとの希望を表明しました。そして、ベトナムは国際社会に対し、ミャンマー国民の願望と利益に応えるために、ミャンマーの民主化を引き続き支援するよう訴えるとしています。

ご感想

他の情報