ベトナムがUPR制度に積極的に参加する

(VOVWORLD) -4日、ハノイで、「ベトナムに対するUPR=普遍的定期的審査制度の第3回勧告の実施状況の総合計画」に関するシンポジウムが行われました。
ベトナムがUPR制度に積極的に参加する - ảnh 1   チュン外務次官=Văn Điệp/TTXVN

席上発言にたったレ・ホアイ・チュン外務次官は、「人権の保護と促進に関する終始一貫した政策を実現したことで、ベトナムはUPRを尊重し、この制度に厳粛に参加してきた」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「私たちは、総合計画を立てました。また、フック首相は、ベトナムの公約の遂行を採択しました。ベトナム政府は、総合計画に従って勧告を効果的に実施するために、関連各機関や国際友人からの意見に耳を傾けたいのです。」

UNDPベトナム事務所のケイトリン・ヴィーゼン所長は次のように語りました。

(テープ)

「この間、ベトナムは、人権に関する国際条約を採択したことで、人権の保護と促進において多くの成果を収めてきました。これらの成果は各国から高く評価されました。ベトナム政府の長期的なパートナーである国連は、誰一人取り残さないようにという精神で、第3回UPR審査においてベトナムを支援し、あらゆる力を活用し、優先課題を実現してゆきます。」

なお、UPRは、国連加盟国全ての国の人権状況を普遍的に審査する枠組みとして盛り込まれた制度です。国連加盟国各国は4年半で全ての国が審査され、審査基準は,国連憲章,世界人権宣言、当該国が締結している人権条約,自発的誓約,適用される人権法です。

第3回UPR審査では、ベトナムは122カ国の291の勧告を受諾し、その中の241の勧告を実現しました。

ご感想

他の情報