ベトナムとカナダとの貿易関係が発展

(VOVWORLD) -フオン大使は「今年上半期に、世界経済が衰退してきたが、ベトナムとカナダとの貿易活動が活発に行われた」と述べました。
ベトナムとカナダとの貿易関係が発展 - ảnh 1   ヘムブロフ女史(写真:eria)

「カナダとベトナムは強い貿易関係がある。その関係は両国国民の良好な交流を土台に築かれた。」1日、オンライン形式で行われたカナダ・ベトナム貿易評議会の主宰により開かれたシンポジウムで、カナダのグローバル連携省所属貿易政策と交易交渉担当者のケンダル・ヘムブロフ女史はこのように強調しました。

ヘムブロフ女史は「カナダとASEAN=東南アジア諸国連合との全面的な貿易合意書は双方に利益をもたらす。この合意書はベトナムが締結したFTA=自由貿易協定の利点を最大限に活用すると共にCPTPPがもたらす前向きな影響を格上げする条件を作り出す」と明らかにしました。

シンポジウムで、カナダ駐在ベトナムのフアム・カオ・フオン大使は「今年上半期に、世界経済が衰退してきたが、ベトナムとカナダとの貿易活動が活発に行われた。ベトナムはカナダの最大水産物輸出市場のトップテンに入っている。世界の多くの国々とFTAを締結しているベトナムはカナダの物品とサービスが総人口6億6千万人を擁するASEAN市場に進出する懸け橋となる。一方、カナダはベトナムの製品がアメリカ大陸に進出する玄関となっている」と述べました。

ご感想

他の情報