ベトナムと支援国との協力20周年

17日午前、ハノイで、ベトナムと支援国との協力20周年を記念する式典が行われました。式典には、グェン・タン・ズン首相を始めとする各省庁、部門、地方の代表、在ベトナム各国の大使、開発援助組織の代表ら合わせて300人あまりが出席しました。

ベトナムと支援国との協力20周年 - ảnh 1
会議で発言にたったズン首相(写真:Nhat Bac)

席上、ズン首相は、支援国の政府、国際金融機関、国際組織、非政府組織がベトナムに対し多額のODA援助額を供与してきたことを高く評価し、「これらの援助額により、ベトナムは貧困な国から中所得国になっている」としています。

また、首相は「ベトナム政府は常に国際社会からのODAを重視しており、効果的に使用している」と強調すると同時に、「今後もベトナムは国際社会からさらなる効果的な協力を引き続き受けると確信する」と述べました。

ご感想

他の情報