ベトナムのGDP成長率が楽観視

(VOVWORLD) -先ごろ、ベトナム計画投資省所属統計総局が発表した報告によりますと、年初からの9ヶ月、GDP=国内総生産の伸び率は2.12%に達しました。
ベトナムのGDP成長率が楽観視 - ảnh 1      (写真:baodauthau.vn)

これはこの十年間で最低となりましたが、新型コロナウイルスのパンデミックで、世界各国のほとんどがマイナス成長となっている中、これは前向きな成果であると評されています。世界最大手の格付け機関とされるS&P グローバル・レーティング(英: S&P Global Ratings)は、ベトナムがアジア太平洋地域で順調な経済回復を見せており、2位になると予測しました。

新型コロナウイルスの大流行でパンデミックとなり、世界経済に悪影響を与えているものの、ベトナムの輸出入活動は依然としてプラス成長となっており、輸出入総額はおよそ3890億ドルに達し、昨年同期と比べ、1.8%増となりました。その中で、輸出総額はおよそ2030億ドルに達し、4.2%増となっています。特に、9月は、貿易やサービス業が成長を見せ、消費分野へのテコ入れ活動が断固として展開されているとしています。

経済専門家によりますと、今年第4四半期は、経済成長を加速させるためのメリットと余地に恵まれています。その中で、国内消費や投資は、2020年末までの数ヶ月の成長を促進する主要原動力とみなされています。

ご感想

他の情報